Today's Pick Up

2020/02/26 (水)

新型肺炎】国内造船所、「1カ月遅延」船主に通知。新造船、納期焦点に

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、新造船の納期の延長期間がどの程度になるかが焦点になってきた。ある船主は今年前半納期の新造船の引き渡しに「1カ月程度の遅延が発生する見通し」と、国内造船所から非公式に通知された。だが、納期の正確な延

新規会員登録して全てを見る
お知らせ

2020年2月10日


マリンネット株式会社は、2月10日付けでコーポレートサイトを開設しましたのでお知らせいたします。


マリンネット株式会社は、海事関連情報提供ポータル「マリンネットサイト」の中で、当社会社概要の紹介及びサイト以外のサービス紹介などを行ってきましたが、今般、これら自社紹介をコーポレートサイトに移行させました。


これにより「マリンネットサイト」はより公平・中立な立場で様々な情報・データを提供すると共に業界ネットワークの構築に向け、充実させて参ります。 「コーポレートサイト」では「マリンネットサイト」を含めた、その他の当社提供サービスの紹介をさせていただき、当社自身が目指す業界の「Solution Provider」としての活動を皆様にお伝えして参ります。 引き続きご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

日本海事新聞

海運
  • 新型肺炎】GOGL、スクラバー搭載ケープ工事遅延

  • ピレウス銀行、オリックスと戦略的提携。海運の資金調達で

  • 四半期決算を読む】(1):日本郵船、FFAリスクヘッジ奏功

  • IMO、スクラバー地域規制。ガイドライン策定決定

  • 市況2020】VLCC小幅反発。中東―極東2.1万ドル

  • NAT、10―12月期、3四半期ぶり黒字転換。タンカー市況上昇

  • OSM、比の医療施設がP&Iから認定

  • エクセラレート、FSRU船舶管理、年末までに内製化

  • エコシップ・モーダルシフト事業。大賞の月桂冠・日通京都支店を表彰。海事局長、優良事業者25社も

  • 中東派遣、「たかなみ」活動開始。国交省、入域情報受け付け

  • ゴーラーLNG、ペトロブラスと提携。LNGの小売りで

  • 日本財団・環境省、海洋ごみゼロ 今年も共同プロジェクト

海運・コンテナ・港湾・物流
  • ビズリーチ、物流データPF参入。トラボックス買収

  • 港湾分科会防災部会、耐震バースの規格見直し検討。支援船舶大型化など受け

  • 日通、パリ経由モロッコ向け越境輸送サービス開始。航空+トラック、6―10日で

  • 日通、医薬品輸送で共同PF構築。GDP順守、全国をカバー

  • 商船三井ロジ、独合弁、3月に営業開始。NVOCC事業強化へ

  • 郵船ロジ、PLB認可を取得。ジャカルタ倉庫で保税物流

  • TA、アジア―中東3サービス、4月改編 詳細公表

  • 1月の日本発北米東航、釜山以外のTS拡大

  • 航空貨物】ANA、独カーゴワンとパートナーシップ。欧州市場での販売強化

  • 日本通運、組織改正

  • 物流連、BCP新指針作成へ。小委会合、ヒアリング調査を報告

  • オカムラ、物流子会社など2社の統合準備

  • ヤマトシステム開発、テレワーク推進で優秀賞。「スマイル運動」3年連続の利用率向上。場所・時間、柔軟な選択肢。組み合わせ高評価

造船・舶用
  • 新型肺炎】シージャパン2020、3月開催を断念。UBMジャパン

  • 三井E&S、油圧式廃熱回収装置を受注。20万重量トン型バルカー向け

  • バルチラ。客船2隻にスクラバー。NCL保有・運航船

  • 金川造船、化学消防船が進水。「てんおう」、海鳳運輸向け

  • IHI、新社長に井手常務

  • 日舶工、舶用実践英語講座が終了。16社・21人が受講

その他
  • 三ッ輪運輸、新型コロナ対策で「お別れの会」延期

  • 語録採録】日本造船工業会副会長・南尚さん。造船業を成長産業に

  • 貿易手続きとインフラ構造改革】(42):平田義章「輸出入手続きの構造改革」(9)。通関業者の役割―業務への意識

  • 海事データ「物流」(2020年2月)

  • 神戸大で国際シンポ。3月21日、退職する正司健一教授の功績たたえ

  • 郵船俳壇、2月

人事情報
  • 川崎近海汽船、会社人事

  • ジャパンマリンユナイテッド、会社人事

  • 日本通運、会社人事

  • 日通NECロジスティクス、会社人事

日経新聞

海運・造船
  • 「病院船」導入へ議連、月内に超党派で、既存船の改装提案。

  • 感染拡大を防げ(1)入国制限、前例なき判断(迫真)

  • IHI社長に井手氏昇格。

輸出・輸入
  • 製粉大手、時短・簡便に注力、冷食など内食回帰つかむ。

  • 「新型肺炎で5G需要遅れも」。

  • 王子製紙の苫小牧工場――丸太から原料、品質安定(エネ素材担う現場)

海外生産・国際物流
  • 中小再興新潮流(1)「プロ経営者」中小に希望、4社で社長、対話から改善策、再挑戦できる日本に。

  • 日産化学、インドに農薬工場。

  • 伊藤忠テクノソリューションズ(会社人事)

マーケット情報

ドライバルク用船情報
  • [CAPE] ケープ型は微減推移となった。本日は引き合い閑散とした状態で、先週までの上昇に拠りセン...
船種別マーケットデータ(Drewry社提供)
  • ドライバルク新造船市場では、スクラバー(排ガス浄化装置)が長期的に問題がないか定かでないため、船主は...

  • 船主は困難な道のりに直面 中国でコロナウイルスが発生し、ブラジルからの鉄鉱石供給が少ないため、Dr...

近海船情報(商運マリン社提供)
  •  

    大型船は23∼72型全て2000㌦台!近海船も往航...

icon_loader_d_ww_01_s1
会員探訪
セミナー案内
海事法役に立つはなし
会員探訪 セミナー案内 海事法役に立つはなし
  • Voyage Watcher
  • 広告掲載について
  • コンサルティングサービス
六本木で働く海事弁護士のブログ 船舶サイバーセキュリティ
新着トピックス

用船情報

[CAPE] ケープ型は微減推移となった。本日は引き合い閑散とした状態で、先週までの上昇に拠りセンチメント強含みとなっ

用船情報へ

Drewry(Monthly)

船主は困難な道のりに直面

  • 中国でコロナウイルスが発生し、ブラジルからの鉄

Drewry(Monthly)へ

Drewry(Weekly)

2020年02月08日~14日

先週の新造船マーケットについて

  • ドライバルク新造船市場では、スクラバー(排ガス浄化装置)が長期的に問題がないか定かでないため、船主は新造船への投資に慎重になり新規発注の動きはなかった。
  • タンカー新造船市場での発注は先週も動きがなく、新規発注は報告されない。
Drewry(Weekly)へ
求人情報
福利厚生サービスのご案内
求人依頼

為替情報

Yen/US$ 110.41 -0.31
Yen/Euro 119.63 -0.57

株価情報

日経平均 22,605.41 -781.33
NYダウ 28,047.03 +86.23
ナスダック 9,260.59 +39.31
(02月26日 - 00:01 更新)

アクセスランキング

  • 当日
  • 前号
  • 過去1週間
  • 海外船社、東欧船員へシフトも。中国人の代替、コストが課題
  • 【国内船主の今】(204):海事チェーン崩壊懸念。中国検船不能で中古船売買遅滞
  • 三井物産、船舶関連事業、組織改編。モビリティ第二本部を4部制に
  • LNG需要、40年に7億トンへ倍増。舶用燃料向け3000万トン規模に
  • 【新型肺炎】東京海上日動、今治で船主セミナー。運航支障時の責任を解説
  • 【語録採録】川崎汽船ドライバルク企画調整グループ長・林英輔さん。新型肺炎情報集め円滑運航支援
  • 暫定事業後、内航総連「今後も役割」。交政審部会、栗林会長が意向
  • COSCO大連のVL、ユニペック以外も起用。徐々に信頼回復
  • 【新型肺炎】国交相会見、クルーズ船寄港中止。観光業に打撃。コロナ感染予防促す
  • 商船三井、FSRU向け環境技術、大宇造船と共同開発
  • スクラバー大手、日本造船に不可抗力宣言。新型肺炎で納期遅れ。4―6月竣工船、影響不可避か
  • 【国内船主の今】(203):船主、用船解約の恐怖。造船所の不可抗力、オペに通用せず
  • 【新型肺炎】中小型BC、中国寄港船を敬遠。用船料引き下げ要求
  • 【新型肺炎】新造船の竣工遅延。「H―CSR」抵触懸念。中国造船業界団体「非適用船は不可抗力」
  • コロナ問題、船員に乗船延長強いる。PSCに抵触、対策急務
  • 【船上電子通貨「マルコペイ」始動 船員経済圏構築への挑戦】(上):本丸は「Eマネーの先」。船員と社会つなぐ基盤に
  • 川重・橋本新社長、造船「切り売りしない」。収益基盤拡大に意欲
  • ドライ市況、新型肺炎終息後に急騰か。中国の景気刺激策などで。「回復は限定的」の見方も
  • 新型肺炎、中国発コンテナ運賃下落。東西航路で31便欠航。SC混乱続く
  • タンカー再び緊迫。米の露船社制裁・リビアで攻撃事件